これだけ便利に!タイムカードアプリのメリット

これだけ便利に!タイムカードアプリのメリット

出退勤の管理作業を軽減

タイムカードアプリは従来のタイムカードをアプリ化したもので、スマホやタブレットで勤怠管理を行えます。大半のアプリには従業員が自分の可動時間を管理できる機能が備わっており、残業時間などの把握に役立っています。当アプリでは手書きの出退勤標と異なり、ITによるデジタル管理が可能になります。それ故、不正が発生するリスクを軽減でき、公正な勤怠管理につながると言えます。何より、出退勤の集計の手間を大幅に削減できるのがメリットです。

外出先からの打刻も可能

タイムレコーダーによる出退勤管理は、ランニングコストがかかる上に、相当な人手作業の労力も要します。それに対して、タイムカードアプリは、従業員が自らのスマホにダウンロードするだけで良いので、コスト削減に繋がります。アプリによってはGPSと連動しており、外出先からも出退勤の打刻を行えます。それ故、従業員側にとっても、メリットは大きいわけです。特に営業職などは、時間を有効に使えるようになリます。

就労を適正に管理できる

タイムカードアプリを導入すれば、就労管理が適正に行わることになります。36協定をオーバーするような、違法な残業なども無くなるので、コンプライアンスに貢献します。特に従業員が多く、就労形態が多様な職場では、就労管理が複雑になります。派遣労働者の場合は、就労時間に制約があることが少なくありません。それに対しても、タイムカードアプリにはアラーム機能が備わっており、契約外の残業にならないよう管理出来ます。

タイムカードアプリは非常に便利で、アプリを起動して操作するだけで退勤管理をする事が可能ですので、導入している企業も多いです。